アウトドア 冬のキャンプで大活躍する石油ストーブ 灯油運搬に最適な容器はこれで決まり!

blog

アウトドアに最適な灯油缶 5L

キャンプで灯油を運搬する場合に、最適な容器をご紹介します。

北勢土井工業 5L 灯油缶

安心の消防法適合品です。

ノズルも併せて購入するとさらに使いやすくなります。

 

※動画作ってみました良かったこちらもご覧ください。

アウトドアで使える灯油缶 冬キャンプにはこれ必須です
【アウトドア】冬キャンプで大活躍してくれる灯油缶はこれ 12月に入り寒い日が続くようになりました。 この時期のアウトドアには石油ストーブが大活躍してくれます。 今回、コンパクト灯油缶(5L)を買ったので、山小屋に担いで運んでみ...

灯油缶に求められる性能は何か?

キャンプやアウトドアで灯油を運ぶために必要

灯油缶に求められるものとは何でしょうか?

シーンをイメージしながら考えてみました。

 

① 漏れない事

キャンプ地へ移動中に車内で灯油がこぼれる・・・

想像したくないですね。

楽しいキャンプも台無しになりそうです

ってことは、漏れないが大前ですよね。

 

② 持ち運びしやすい大きさと量

一般的にキャンプで使用する石油ストーブは、一晩5L程度消費します。

5Lの灯油缶(携行缶)が重さ、大きさ共に最適ではないなと考えます。

 

③ 基準を満たしていること

灯油専用で作られた商品の安心感

消防法適合品と言う文字に間違いはありません。

 

実際にテストしてきました

blog名にもあるように、私の趣味は登山です。

そこで、良く登る避難小屋まで灯油缶を担いで登る事としました。

先ずは車でゆられること2時間

助手席に置いて移動しましたが、漏れく気配は一切ありませんでした。

 

無事に登山口に到着

安心して登りだします。

担いだザックの重量は、灯油も含み12㎏弱

では、出発です。

気温は8℃ですが、額に流れる汗を拭きながら登ります。

 

見てください

この素敵な景色♪

疲れも吹っ飛びます(≧▽≦)

 

1時間30分登り続け無事に避難小屋へ

登山中ザック(リュック)の中で揺れまくった灯油缶

そして休憩中は、横倒しになるシーンも数回

灯油缶の条件としては最悪だったと思いますが、

一滴も漏れることなく灯油を担ぎ上げることができました。

これからも、灯油を運ぶたびに大活躍してくれることでしょう。

安心の made in Japan♪

お勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました