三重県から登山動画を発信

【まつさか香肌イレブン】難易度最上級!宮ノ谷から登る池木屋山

 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

登山を楽しみながらYouTubeで動画もアップしているsinji登山部です!

詳しくは上にある、プロフィールをクリック♪




【シリーズ まつさか香肌イレブン】

三重県松阪市にある 「まつさか香肌イレブン」に登りました

まつさか香肌イレブンキックオフイベントの記事はコチラから

今回登った山は、登山上級者にオススメする「池木屋山」 ラストの11座目


上級コース:池木屋山登山口から山頂を目指します








宮ノ谷林道終点から目指す池木屋山(いけごややま)

・駐車場
・登山道
・おすすめポイント

の順でご紹介します


1:駐車場

宮ノ谷林道終点に池木屋山登山口があります

駐車場は10台ほど停めれるかなぁ

※トイレはありません






もう一つの駐車場←クリック

林道入ってすぐのところに広い駐車場があります

登山口まではちょっと遠いです




GoogleMap:池木屋山登山口




登山口にはトイレがありませんので、

最寄りの道の駅などで済ませて

登山口に向かってください



私達は、蓮(はちす)ダムのトイレをお借りしました






2:登山道

おすすめのコース

池木屋山登山口から山頂を目指す尾根コース!(ピストン)

山頂までの標準タイム:4時間05分(休憩なしの場合)




今回、私達が使った宮ノ谷周回コースがこちら




池木屋山登山口→高滝→どっさり滝→山頂→霧降山→青空平→モノレール→池木屋山登山口

宮ノ谷から高滝まで整備された道がありますが、

数か所崩落による迂回路があります


高滝を越えると未整備コースになり、滑落による死亡事故発生区間です

経験を積んでこのルートを選択するようお願いします



山行タイム:10時間00分(休憩込み)

総移動距離:9.8㎞

詳しくは、YAMAP活動日記をご覧ください




3:おすすめポイント

登山口をスタートして暫く(高滝まで)は、緩やかに標高を上げて行きます

先ず、はじめに現れるスポット「犬飛び岩」

立ち入り禁止になっているので、直接目にすることができませんでしたが、

橋の上からは素晴らしいゴルジュ(渓谷で岸壁が迫って狭くなっている場所)を見る事が出来ます

※自撮り棒に付けたGoProを目いっぱい伸ばして撮影しました






次は迂回路

だいぶん前に橋が落ちたとの事で、巻き道を進みます

沢の傍を歩きますが、濡れた岩がとにかく滑る

氷の上を歩いているかのようでした




最難関の巻き道

2021年3月 つい先日のことですが

この付近にある橋が崩落


松阪市が急遽巻き道を作ってくれました

今回、水量も多くほとんどの岩が浸水

流されないよう

そして、転倒しないようストックを使い渡渉します




迂回路を渡りきった先にある崩壊した橋

橋の下をくぐって登山道に復帰します

橋がこれ以上落ちないよう、チェーンで固定されているのがありがたいです




がけっぷちに設置された歩廊

なんかこんな道どこかで見たことがある!

そうそう。下ノ廊下♪


ここは、宮ノ谷なので、宮ノ廊下とでも言えばいいでしょうか(≧▽≦)

長~い歩廊を歩いていきます




突如現れる休憩所

いや!マジ天国です♪

なんでかって?

はい!今までさんざんヤマビルさんに襲われていました

ゆっくり休むこともできず、疲れていたところに

この、セーフティーゾーン(≧▽≦)


ゆっくり、休憩させてもらう

被害確認したところ、もふもふさんがやられていました・・・





 素敵な橋を歩いて行った先にある高滝




大迫力の高滝を目の前に

素足になる私・・・

水が多く安全に渡れる気がしない

靴脱いで渡ります

渡渉を調べてみると

歩いて川を渡ることと書いてあります

岩の上を飛んで渡る時に渡渉って使っていましたが

今回は、ガチで川を歩きました

これがほんとうの渡渉ってやつなんだろうなぁ




岩の上を飛んでいくのもいいんですけど、

滑った時のこと思うと、潔く靴脱いで渡る

そんな選択もありですよね♪


水の冷たさを感じるいい体験ができました




高滝を越えてからは、未整備の登山道です

とにかく危険ポイントの連続


ここから事故多発地帯

正直、死亡事故も多い場所となります

声かけあって慎重に進みます


猫滝

そして、ロープを掴みながら歩く危険ポイント

ロープなどが張られてはいますが、足場も狭く下は崖です

慎重に。慎重に。




渡渉やいくつもの急登を繰り返したどり着いた場所

どっさり滝


名前の通り、どっさりの水量に驚きましました

大迫力のどっさり滝に是非お立ち寄りください




奥の出会いに到着

廃道になっていますが、ここから青空平へ行くルートがあったそうです

登山道を見つけることできませんでした(廃道だもんね)

ここから先沢を離れて尾根を目指します




左1枚目がとうふ岩 

真四角の岩がとうふをイメージさせてくれます

この裏に回ったら、また違った岩の形になりますよ!


その先に進むと、ヒノキの変木

結構大きなトンネルになっているので、

ラクラク潜り抜ける事ができます


願い事を言いながらくぐると、

その願いが叶うとか・・・

私が勝手に言ってましたw

そう思って、お願いしたらきっとかなうと思いますよ♪



6時間の激闘を乗り越え

無事に池木屋山山頂に到着

標高:1396m


せっかくなので、1400mを目指そう!

っと言う事で4mの大ジャンプにチャレンジ♪「エィッ!」




池木屋山の由来となった場所


山頂の傍にある池に立ち寄ります

むかし、池のそばに小屋が建っていたとの事で

池木屋山となったそうです


この日は、ちょうどジキタリスが見ごろとなっていました




霧降山

ここから尾根コースへ進みます

画像が無いですが、景色がとても素敵な場所でした

※ページ最後にある動画の中には出てきますよ♪




またまた、変木

この形、跨らないわけにはいかないでしょう!

って事で、無邪気に遊ぶ

みんなの笑顔がたまりませんね




青空平に到着

ここは、緊急時のヘリポートにもなります

一面に広がるジキタリスのお花畑♪

咲き乱れるジキタリスは圧巻です!




コブシ平を通過してしばらく歩くと

モノレールが目の前に現れます


結構な急斜面なので、モノレールにつかまって下りて行くと安全です

※グローブを持って行くことをお勧めします




最後は森の中を抜け尾根コースの登山口に到着



池木屋山を動画でご紹介

【まつさか香肌イレブン】11座目!上級者にオススメする池木屋山登山




【登山口案内】5分でわかる、池木屋山登山口紹介動画! まつさか香肌イレブン




最後にsinji登山部の「まつさか香肌イレブン思い出ダイジェスト」




まとめとおすすめリンク


今回歩いた宮ノ谷と尾根コース

宮ノ谷は、ヒルこそいるものの、

森や沢の雰囲気を満喫できる素敵な場所


秋に来ると紅葉

冬だと高滝の氷瀑

春なら新緑


季節に合わせ宮ノ谷を楽しむのもありだと思います


そして、尾根コース

こちらでは、ヤマビルを見かけませんでした

居たとしても少ないんだと思います

この時期に、ヒルを避けて登るならこちらが絶対にオススメです



まつさか香肌イレブンマップ配布先 

道の駅「飯高駅」や道の駅「茶倉駅」で貰えます

下記リンクよりダウンロードもできます

まつさか香肌イレブン


登山アプリ YAMAP 

スマートフォンにダウンロードしご利用ください

山の地図と現在地などをすぐに確認することができ、道迷いのリスクが減ります


下山後の温泉 香肌峡温泉 いいたかの湯

まつさか香肌イレブンを詳しく紹介してある雑誌 NAGI

と言う事で、今回の記事は以上となります

まつさか香肌イレブンの三峰山を楽しんできてくださいね

▼▼sinji登山部リンク▼▼

YouTube https://www.youtube.com/user/ridex17

YAMAP  https://yamap.com/users/135267

Twitter  https://twitter.com/sinjitozanbu


それでは、楽しい登山lifeを♪

sinji登山部でした



DSC08688
まつさか香肌イレブンblog

2021年3月21日
三重県松阪市にあるリバーサイド茶倉で開催された「まつさか香肌イレブンキックオフイベント」へ参加してきました
選ばれた11座の個性あふれる山を知るいい機会となったイベントで、自然あふれる素敵な山に囲まれる松阪市を、目いっぱい楽しもうと心に決めた日でもありました
リンク先から、11座すべてのブログへ飛ぶことができるようになっています

sinji登山部のまつさか香肌イレブントップページとしてご活用ください




この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© sinji登山部 , 2021 All Rights Reserved.