【鈴鹿山脈】鈴鹿山脈セブンマウンテンを2泊3日で縦走する テント泊

スポンサーリンク
スポンサーリンク
blog

鈴鹿セブンマウンテンを縦走

鈴鹿セブンマウンテンとは

藤原岳・竜ヶ岳・釈迦ヶ岳・御在所岳・雨乞岳・鎌ヶ岳・入道ヶ岳

の七つの山の事を言います。

1964年昭和39年)に、近畿日本鉄道朝日新聞社及び名古屋テレビが中心となり、鈴鹿セブンマウンテンの登山大会が始まった。[1] 不特定多数の人が自由に参加でき、三重県山岳連盟がそのサポートを行った。以前は、各々の山頂に、鈴鹿セブンマウンテンを表記した山頂標識があった。34年間この登山大会が続いた。

Wikipedia:鈴鹿セブンマウンテンhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E9%B9%BF%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3

 

【登山】鈴鹿セブンマウンテン縦走 prologue

【登山】鈴鹿セブンマウンテン縦走 prologue

 

縦走スタイル テント泊

2019年5月にテント泊装備を整え縦走

ザックに装備に食料をたっぷり詰め込みます

▼▼ザックの中身はこちら▼▼

【登山】 鈴鹿セブンマウンテン縦走準備 テント泊

※動画は3月末の装備となっていて、シュラフや防寒着は若干変更があります。

テント適地

1日目:八風峠

Google マップ

2日目:御池鉱山跡

Google マップ

山行計画

今回の山行ルート

藤原岳

竜ヶ岳

釈迦ヶ岳

御在所岳

雨乞岳

入道ヶ岳

の順で進みます。

総移動距離は
 「49.4㎞」

そして、累計標高

登り:4939m

下り:4868m
登山LV :

※LV評価法:sinji登山部が感覚的にMAX5段階で評価しています。

数字だけでも伝わるハードな山行です。

※ちなみに北アルプス雲ノ平は 距離63㎞ 累計標高:登り下り共に4443mでした。

まとめ

① セブンマウンテンとは

② 縦走ルート

③ テント泊適地

④ 距離

2019年に縦走したセブンマウンテンの記事を

今後、数記事に分けて投稿して行きたいと思います。

登山を自粛しているこの時期にまったり読んでいただけると幸いです。

それでは楽しい登山lifeを♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました