【北アルプス】 まだ見ぬ雲ノ平を目指して 3泊4日テント泊登山 2日目

スポンサーリンク
スポンサーリンク
blog

雲ノ平を目指す2日目の山行

▼▼前回の記事▼▼

【北アルプス】 まだ見ぬ雲ノ平を目指して 3泊4日テント泊登山 1日目
sinji登山部です。2019年に登った北アルプス雲ノ平の1日目山行を、今回は文章にしてみました。 テント泊装備で秘境を巡り静かな山歩きを楽しんできました。 動画とは違う表現を楽しんで頂けたらと思います。

 

2日目の朝です。

朝からあいにくの雨で、出発の準備に手間取ります。

救いとしては、この後天気は回復するとの予報で

雨が早く止んでくれないかなぁと願うばかり。

 

2日目の目的地は雲ノ平

1日目のテント泊地である双六小屋から雲ノ平までの距離は

11.7㎞

昨日のことを思うとずいぶんと短いですが、

登り下りが何度も続くのでそんなに甘くないんだろう

今日から、初めて歩くルートも出てくるので時間にゆとりを持った

コース配分を設定しました。

 

コンパスでコースタイムを調べると5時間45分

昨日の疲れも残っているしこのくらいがちょうどいい。

さあ、今日は楽しみにしていることがたくさんある

三俣山荘で珈琲を

黒部源流

そして雲ノ平

 

イベント盛りだくさんなのでテンション高めw

はやる気持ちを抑えて

自分のペースで楽しみながら進もう。

 

 

双六小屋を出発する (7:15)

 

歩き出してほんと少し

雨が止み光が差し込む

 

巻道分岐まで来ました。

ここから双六岳を目指しますが、ガスってるなぁ

まあ、雨が止んでいるだけありがたい。

 

登りきるとめちゃくちゃ平らで広い場所にたどり着きます。

そこで、こんな不思議な景色に巡り合えました。

いや~白い光の輪っかがとても神秘的です。

 

これって白い虹?なのかな

双六の平らな大地を歩きながら白い虹を追いかけるw

 

双六岳到着です (8:19)出発から約1時間 

 

三角点もゲット

 

山頂に着いたと同時にガスが切れました

いや~いい景色です。

遠くに槍ヶ岳が見えています 

 

チングルマさん

おはようございます

朝露(雨?)に触れた姿がこれまた素敵です

 

さあ、三俣蓮華岳に向けて進みます。

尾根歩きで本当は素敵な場所なんですが、またまたガスに包まれて

残念な感じです。

 

無事に三俣蓮華岳到着(10:27)

双六小屋を出発してから約3時間で到着

名前の通り三俣と言えばいいのでしょうか?

富山県、岐阜県、長野県の3県の県境になります。

 

 

三角点も無事にゲット

 

一瞬ガスが切れて三俣山荘が見えた!

今年もあそこで珈琲を飲もう♪

 

三俣蓮華岳から40分ぐらいかな

三俣山荘テント場到着

ここはテント場にトイレが無いので、

小屋まで行く必要があります。

テントを張るなら小屋のそばがお勧め

 

無事に到着 三俣山荘(11:42)

 

お目当てはココ

階段を登って2階の喫茶へ向かいます

 

サイフォンで淹れる珈琲

本格的ですね♪

 

動画の撮影もさせてもらいました📹

珈琲を淹れてくれたのは去年と同じお姉さん(≧▽≦)

ありがとう

 

それでは頂きます。

苦味ベースの美味しい珈琲でした。

3種類の豆をブレンドしてるって言われてたと思います。

運が良ければ、お土産用でドリップバック売っています。

残念ながら今回は売り切れ・・・

 

小屋の前はこんな感じで広々としています。

なんか、お庭♪って感じです。

 

そのお庭から見える景色も素敵です。

ちょっと雲がかかっててあれですが

本当は目の前に槍ヶ岳が見える

素敵な場所です。

 

居心地が良すぎて長居してしました。

ここからは初めて歩く道なので、ワクワクと緊張で

よくわからないテンションw

さあ、雲ノ平を目指しましょう。

 

下りて下りて下りまくる

 

お~!

黒部源流だ(≧▽≦)

 

水を飲む

冷たくておいしい。

 

さて、今度は登り返しです。

気合を入れて登りましょう。

 

登りが終わると広~い場所に出ます。

辺り一面チングルマです

第一雪田

第二雪田って場所を歩きます。

チングルマと祖父岳📸

 

お!

オコジョ(≧▽≦)

こんにちは!

 

テント場までもう少しですが

ちょっと寄り道してスイス庭園に来ました。

ガスガスで何にも見えないw

 

雲ノ平山荘から来られたご夫婦と少しお話

 

テント場入口に来ました。

ここから下りて行きます。

 

下まで5分ぐらいかな?

トイレありました。

この辺りにテントを張りましょう

 

テント張り終えて雲ノ平山荘へ受付に行きます。

30分ぐらい歩く

※時期によってはテント場で受付してくれることもあるそうです。

 

いや~着いた着いた♪

ここが夢にまで見た雲ノ平山荘

ガスってますが、これがまた夢の中みたいでいい感じです。

 

色んな🍺がありました。

どれにしようかなぁ

 

支配人お勧めとの事でこれに決定!

早速乾杯🍺

 

 

夜中、寒さで目が覚めて空を見上げると

オリオン座が見える

今日も綺麗な星空が見れて幸せ。

また、シュラフに潜り込み夜明けまでもうひと眠り

 

 

2日目を振り返って

標準コースタイムは6時間弱の予定だったのに

双六小屋スタート 7:14~雲ノ平着 17:00

活動時間は約10時間

え???

 

ちょっとかかりすぎじゃね?

確かに珈琲飲んだりしてマッタリはしましたが、

こんなにコースタイムより遅れるってちょっと酷いな

と思った1日でした。

 

ただ、暗くなる前に着くように調整して歩いていたのでお許しください。

 

今日は、双六で白い虹

三俣山荘での珈琲

初めて行った黒部源流と雲ノ平

オコジョにも遭遇♪

 

充実した1日で、これで終わりでいいや(≧▽≦)

って思える、ほんとに楽しい1日でした。

 

夜の気温は5℃とかまで下がっていたと思います

もしかしたらもう少し低かったかも

 

9月になるとモンベル#3は少し寒いなと思った夜でした。

 

【動画】日本最後の秘境雲ノ平目指すDay2

双六小屋~雲ノ平

【登山】日本の秘境雲ノ平を目指す! 3泊4日のテント泊山行 Day2



それでは楽しい登山lifeを♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました