三重県から登山動画を発信

【登山テント泊】冬のテント泊で使える格安ダウンシュラフ-15℃ LMR

 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

Amazonで買える格安中華ダウンシュラフ

これから本格的に寒い季節となっていきますが、

登山テント泊も寒さ対策が必要となってきました

テント泊で必要なアイテム

「ダウンシュラフ」

山でのテント泊は寒さとの闘い

とにかく少しでも暖かくして眠りたい

そんな願いをかなえてくれる力強いアイテムをご紹介します。

中華ダウンシュラフLMRは使えるのか?

標高1000m付近の厳冬期テント泊で、実際に使用した3年間の実績

テントの外に出ると天気は良いけれど、うっすらと積もった雪景色の夜明け

見ただけで凍えてしまいそうな朝でしたが、このダウンシュラフは、一晩私を暖かく包み込んでくれました

結論:-3℃くらいまでなら山でも使えます

ちょっと話は変わりますが、車中泊ではー10℃を経験

何もかもがカチコチになる、まさにそこは冷凍庫、

そんな条件でしたが、毛布を一枚かけてあげるとぽかぽかでした

スペック

商品本体重量:約1600g

使用サイズ:約 210cm×80cm×50cm
素材:外側:400Tナイロン(撥水加工) 充填物:約1000g高級ダウン 内側:320Tポリエステル
使用快適温度:-10℃~10℃ 使用限界温度:-15℃

https://amzn.to/39fKtaw

このシュラフを使ってみて思ったこと

・よく聞くケモノ臭は感じませんでした

まあ、念のために使用前に天日干しして山に持って行きましたが

ふかふかでぽかぽか快適に使えました

・安さと暖かさ

これは高級シュラフと比較すると余裕で負けてしまいますが、

わたしにその予算はありません・・・

とにかく安く、そして冬のテント泊で使える温かさ

これが必要です。

安く、そして暖かい

わたしの求めているものに十分に応えてくれました

冬のテント泊を暖かく過ごしたいならこれ!

少し重く、サイズもちょっとだけ大きいかもしれませんが、

あくまでも高級シュラフと比べるとって話になりなます

冬のテント泊は何かと荷物が増えてはしまいますが

1泊2日なら十分持っていける大きさです

そして、値段もこれなら買えると思わせるロマンのある価格(とにかく安い)

3年使っているから私は言います

予算厳しいけど厳冬期の低山テント泊を楽しみたいなら買いです!

0℃前後の気温なら十分にこのシュラフで過ごせます

これを持って冬の登山テント泊にチャレンジしてみてはいかがでしょうか

【テント泊登山】ダウンシュラフのレビュー動画

それでは楽しい登山lifeを♪

sinji登山部でした

最低使用温度-15℃

https://amzn.to/3mLr8kV

最低使用温度-25℃

https://amzn.to/3pibgbf

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© sinji登山部 , 2020 All Rights Reserved.