【登山】金華山グレートトラバース第三話 コース取りが理不尽すぎて笑えて来た

スポンサーリンク
スポンサーリンク
blog

金華山グレートトラバース第三話は兎走山と岩戸山

先ずは、自己紹介

sinji登山部と言います

登山を始めて5年、山に登った時の様子をYouTubeにアップしています

https://www.youtube.com/c/sinji登山部

 

今回は、金華山グレートトラバース第三話

舟伏山を後にして、兎走山と岩田山に登ります

 

金華山グレートトラバースまとめレポもオススメ♪

【登山】金華山グレートトラバースにチャレンジ こだわりの一筆書き
【登山】金華山グレートトラバースにチャレンジ♪金華山周辺の山全部で合計10座を縦走します。駐車場をスタートし時計回りで一筆書き ピークハンターにお勧めの縦走路です。

 

一筆書きにこだわったコース取り

金華山グレートトラバースのルートは、

一筆書きにこだわって同じルートは使わない

なので、ピストン禁止w

山頂をゲットするには通過するという考え方になっています

 

この考え方のおかげで、タイトルにのあるように理不尽が発生します

山頂の近くを歩くけど、通過するためには回り道が必要

すぐそこにある山頂を諦めて下山する

 

これもまた、この山行の醍醐味ともいえるでしょう。

 

兎走山を周って岩田山へ向かう

 

前回ピークハントした船伏山から兎走山へ向かいます

下山中現れる分岐には、岩田山まで10分の場所を通過します

さすがにそこを通った時に、相方に言いました

このまま、岩田山に登ろうよ!

 

やってもいいの?

後悔するよ

そう言われて、今回の計画の意味を考え直し兎走山へと向かうことにしますが、

なんか後ろ髪惹かれる感じがしましたw

 

すぐそこに山頂があるのに遠回りする

私達どれだけストイックなの?

そう思いながら前に進みます

 

いったん下山し道路を歩き、兎走山の登山口を目指す

見つけた登山口は、電力会社の巡視路です

階段を上り兎走山へ向かいます。

 

この山もスタートから急登が続く

息を切らしながら、疲れたら休憩をとりつつ山頂を目指す

 

 

山頂はかわいい看板があり癒されました

 

ここから見る岐阜城の小さいことと言ったらw

遠くまで歩いてきたもんだ

 

ここでちょうどお昼になりました

先はまだ長い

休憩もほどほどに先を急ぎます。

 

次に目指す山は岩田山

またまた下山スタイルを取らされる

せっかく稼いだ標高も、一気に下ろされる

この山行には優しさって言葉が見当たらない・・・w

 

進んでいくと

下山を続け住宅街に出るのかと考えていたところに

分岐が現れる

 

見て驚いたよね!

住宅街に下りる寸前で、強制的に登り返し

すぐそこに建物が見えているのにこの仕打ち・・・

どっと疲れがでてしまった

 

とか、愚痴を言いながらではありますが

頑張ります!

進みましょう♪

 

はい!

またまたやってきました

急登💦

 

道もほとんど歩かれていない

そんな登山道を歩き

ぼちぼちと山頂を目指す

途中の分岐に春日神社跡とか書いてある場所がありました

そこが分岐です

 

分岐を曲がるとさらに険しい道が始まります

二人気合を入れなおし

再スタートを切ります

 

急登を登りきった時に現れた岩田山山頂♪

 

 

お腹がすいてきたので、ここでお昼を提案

山頂看板から少し歩いたところに景色のいい場所があり

金華山を見ながらそこに座ってお昼を食べる

 

 

あんまり食べると動けなくなるので、おにぎりを一つ

さあ、次の三峰山目指して出発します♪

 

【動画】金華山グレートトラバース第三話

この記事を動画でもご紹介

【登山】金華山グレートトラバース こだわりの一筆書き 第三話

 

▼▼撮影に使った機材はこちら▼▼

GoPro HERO8 Black

Amazon | 【GoPro公式限定】GoPro HERO8 Black + 予備バッテリー + 認定microSDカード32GB + 公式ストア限定非売品ドライバッグ & ステッカー 【国内正規品】 | ウェアラブルカメラ・アクションカム 通販
【GoPro公式限定】GoPro HERO8 Black + 予備バッテリー + 認定microSDカード32GB + 公式ストア限定非売品ドライバッグ & ステッカー 【国内正規品】がウェアラブルカメラ・アクションカムストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無...

 

それでは、楽しい登山lifeを♪

sinji 登山部でした

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました