【バンライフ?】ホンダフィットで車中泊 コンパクトカーでも方法を考えたら大人一人なら何とかなるもんです

スポンサーリンク
スポンサーリンク
blog

 ホンダフィットで車中泊をする

こんにちは。

sinji登山部です。

今回は、登山ではなく車中泊について書いて行きたいと思います。

 

現在、ネット上には車中泊車輌について、たくさんの記事や動画がアップされています。

車で旅をして、いろんな所を巡る。

そんな楽しみ方。

とても楽しそうです。

 

私の愛車はホンダのフィット

そう、コンパクトカーなんですが、実は車中泊が可能だったりもします。

 

車中泊について

車中泊とは

「車中で夜を過ごすこと」

そのまんまですね(≧▽≦)

 

どこでも、車を停めて泊まってもいいかと言ったらそういうわけではありませんが、

可能な場所はたくさんあります。

去年いろいろと問題になりましたが、代表的な場所としては道の駅でしょう。

そして、サービスエリアや最近よく耳にするようになったRVパークなど

探せばたくさん出てきます。

今回は、フィットで車中泊するお話なので、場所については今後で考えたいと思います。

 

私が車中泊する理由

私が車中泊をする理由

それは、自宅から遠く離れた山に登る時

夜のうちに登山口に到着し  ※登山口で車中泊を禁止してある場所もあります

ゆっくりと睡眠をとり、翌日の登山に備える。

 

それが、一番効率よくできるのが

この「車中泊」 なんです。

 

そして、宿泊費の節約

※ちょっとせこいですがw

起きたら登山口なので、ぎりぎりまで寝ていられます。

そのあたりの効率の良さが、私の登山スタイルに最適であったと言う事です。

 

しかし、デメリットが無いわけではありません。

デメリットをいくつか挙げるとしましょう。

① 夏は暑いし冬はめちゃ寒い

② 周りの車の音で目が覚めることも

③ フラットでは無い車内では、起きた時に身体が痛い事も

 

と、このように良い事もあれば、悪いこともある。

しかし、私はメリットの方が大きいので、車中泊を楽しんでいます。

 

コンパクトカーでの車中泊方法

ホンダフィットってリアシートを倒すと結構いい感じでフラットになります

実際に私の車はこのようになります。

しかし、縦の長さは・・・

助手席のシートを全力で前に出した状態で1650㎜

背の低い女の子なら縦に寝れそうです。

 

私の場合、斜めに寝ています。

1800㎜確保でき、まっすぐな姿勢で寝ることが可能となり、快適です。

 

しかし、リアシートを倒すとほぼフラットとは言うものの、実を言うと少し段差が気になります。

※2㎝程の段差があります。

 

そこで登場するのが、ホームセンターなどでよく見かける銀マット!

購入した銀マットを、荷室のサイズにカットして使用しています。

マットを敷くことで、段差はほとんどわからなくなります。

 

そして冬場は、底から伝わってくる冷気・・・

この、底冷え寒さ対策にもなるので、お勧めです。

 

車中泊で使う寝具は、布団?シュラフ?

車中泊の寝具として、家で使っている布団を使うってのもありですが

フィットではちょっと窮屈です。

結論を言いますと

「シュラフ」がお勧めです。

 

冬の車中泊におすすめシュラフは

こちら

私が登山で使用している格安ダウンシュラフです。

個人的感想ですが、快適使用温度は0℃±5℃と思います。

安いし温かいしお勧めです。

 

この時の気温は、

なんと!

-10℃  (ノД`)・゜・。

毛布使いました。

 

もし、私は寒がりだよって方は

※女性の方にはこっちをおすすめ

 

こちら

もうワンランク上のダウンシュラフをお勧めします。

 

 

 

まとめ

それではまとめと行きましょう。

コンパクトカーでも車中泊は可能です。

斜めに寝たらいいんです。

そして簡単に快適な環境ができる銀マットを敷きましょう

シュラフを持って

車中泊にチャレンジです。

 

週末の土曜日に走り出し、日曜に帰ってくる

行動範囲が一気に広がり、いろんな場所が活動エリアとなります(≧▽≦)

 

それでは、楽しい車中泊lifeを♪

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました