コンパクトカーのホンダフィットで車中泊を快適に過ごすには

blog

コンパクトカーでも車中泊を楽しむことができちゃいます。

そこで、私が使用している車のご紹介

ホンダ fit(フィット)GD3

 

この車は、荷室がフラットになり意外や意外

身体をまっすぐにして就寝することが可能です。

こちらの記事にも車中泊の事を書いています。

【バンライフ?】ホンダフィットでの車中泊

快適に車中泊を過ごすには、モノの配置が重要です。

フィットで車中泊が可能ですと言っても、お世辞にも広いとは言えません。

しかし、狭い空間の中でも、工夫次第では快適に過ごすことが可能です。

・収納用ボックス

・ランドリーバスケット

・棚 ホームセンターで板を購入し作成しました。 4,000円くらいで作ったと思います。

・折り畳みテーブル

これだけで、散乱しがちな荷物もある程度片付けることができます。

※使わない荷物は運転席と助手席に置いちゃいましょう。

取り出しにくい場所に置いてしまうと後が大変

収納ができても、

あれ?どこに置いたかな?とか

しまった!あんな所に置いてしまった・・・取り出すのが大変だ!

とか、まれに発生します。

 

例えば

助手席に使わない荷物を山積みにしている状態で

助手席の足元に、夜のお楽しみ

「アルコールが置いてある」

後ろの席からは取り出せない・・・

 

そのため、いったん外に出て取りに行く必要があります。

※雨の日や寒い日なんかだとやっちまった感がMAXになります・・・

 

そんなことちょいちょいありました

夜、使うものはできるだけ手の届く範囲に置くよう心がけましょう。

定位置が決まると快適です

私の場合

・収納ボックス内    食料とクッカーセット

・ランドリーバスケット 着替えなど

・棚にはガジェット系  カメラやバッテリーなど

・折り畳みテーブル   晩御飯とアルコール

後は、自分の寝るスペースを確保した状態を保ち空いたスペースにシュラフなどを置いています。

 

寝る前はこんな感じですね

まとめ

コンパクトカーで車中泊を快適に過ごすポイント

① あふれるものを整理できるような収納スペースが必要

ボックスや棚を活用しましょう

② 夜使うものを荷物に埋もれさせないことが大切

使いたいのに取り出せない・・・

いったん外に出て取りに行く羽目に

③ 普段使うものに定位置を決めて、取り出しやすい状況を作る

タブレットやアルコールは手の届くところに置いてあると私の場合快適に過ごせます

車中泊動画

【車中泊】 コンパクトカーのホンダフィットで一晩を過ごす。

それでは、楽しい車中泊lifeを♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました